代表あいさつ

 弊社は大正9年、初代中里市平が、ムカデ退治や平将門の乱の平定で有名な、藤原秀郷公が開いたと伝承される唐沢山城跡の麓、現在の佐野市で井戸掘りから土建業を興しました。

 以来現在に至るまで、官公庁を主体に土木建築工事業を請け賜り、栄えある栃木県知事優良表彰を14回受賞するなど、信用ある実績を築き上げ、初代市平から90年の長きに亘り、ただひたすらに公共建設事業に携り続けてまいりました。

経営理念『いのちを護り、生命を創る』

 弊社が創業以来携ってきた公共建設事業とは、まさに生活を営むためのライフラインを護持し、創造することであると思います。そこで、中里建設では、お客様が安全・安心な生活を営むために、生活の基盤となるライフラインを保持する、すなわち、お客様の護り、そして更には、未来の子どもたちの新しい生命創るために、豊かで快適な生活の創造をめざすことを、経営理念として定めました。

 現在、建設産業は官民共に建設投資が縮減される中、極めて厳しい経営環境に直面していますが、中里建設は、初代市平の創業の精神に立ち返り、受け継がれてきた『いのち護り生命創る』という理念のもとに、ライフライン創造業を生業といたします。

 そこで、従来の土木建築工事業だけでなく、新規事業として、ライフラインの最たるものである”上水道施設”のメンテナンスを行なう、日本初の≪水理事業を立ち上げました。


代表取締役 中里 聡  今後は、全社員一丸となり、ライフライン創造業を実践するという使命と責任、そして誇りを持って努力してまいります。お客様におかれましては、是非ともご助言ご指導いただけることを、お願い申し上げますとともに、ご用命下さいますよう衷心よりお願い申し上げます。


第46期(平成30年度)決算報告

第46期(平成元年6月30日)の我が国を取り巻く世界情勢をみると、米朝首脳会談で非核化合意ならず、韓国の徴用工判決等で日韓関係は最悪となり安全保障への不安が高まる外、米中貿易摩擦の影響が世界経済金融全般に暗い影を落とした状態が続いています。

他方国内では、9月に台風21号、北海道胆振東部地震が起き、また日本各地で猛暑による最高気温が更新される等、国土と国民が甚大な被害を被っています。

経済界では、本年1月政府月例報告で戦後最長の景気回復との見解も、5月には景気動向指数を6年振りに悪化したと表明。2期目の黒田日銀総裁が低金利継続を明確にしました。大企業日産のゴーン会長の逮捕は企業経営上の大問題です。

政治においては、安倍首相は森友・加計問題で批判を浴びながらも、9月の自民党総裁選では連続3選され、本年4月の統一地方選に大勝する等、総じて堅実な政権運営で、さらなる長期政権へ道を開きました。また働き方改革関連法、18歳を成人とする民法改正、IR実施法、改正出入国管理法を成立させました。そして本年5月には元号が令和に改元されております。

当事務所管内においては、建設工事を最低価格でダンピング受注し、人員不足、資材高騰等脆弱な収益構造で厳しい経営環境にありますが、公共事業の発注が増加傾向を示し、消費増税を視野に民間の設備投資も活発化する基調にあります。

この様な経営環境の中、弊社では内閣府「未来投資会議 産官協議会」で事業紹介され、またJICA案件化調査事業が栃木県で初採択される等、経営革新計画を進めた結果、前年度比水理部門は12.2%の大幅増収ですが、建設部門で大型案件の未完成による19.8%の減収が影響し、全体で12.3%の大幅減収となりました。部門毎の売上比率は、建設部門70.2%、水理部門が29.8%です。

これにより、経常利益47%、純利益67%の減収減益であったものの、昨年より自己資本が増加する等財務体質が更に改善され5年連続営業黒字となりました。

第47期におきましては、建設部門で受注した大規模工事や災害復旧工事を完工させる外、引き続き官民を問わず積極的な下請け受注による売上確保に努めます。

また水理部門においては、特許その他技術を核として、大学外機関との共同研究開発を進め、協業パートナーとともに海外進出を含めた販促を展開したいと思いますので、どうぞ今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

中里建設 電話番号:0283-62-0272

info@nakazato-const.com お問い合わせフォーム »
 
さのまる